Mとの戦い

小学生の頃から、おでこが広かったため、若ハゲの自覚が無く、単におでこが広いだけだと思っていました。
20代の後半になり、友人の結婚式で久しぶりに大学の友人と再会した時に「進んでない?」という一言で初めて
M字ハゲの自覚が生まれました・・・
不思議なもので、それまで意識していなかったんですが無性に前頭部が気になり始めました。
生活習慣の改善と適度な運動を行うことが一番の改善方法とのことですが、独身男性にそのようなことができる
わけもなく(笑)自制せずになんとかするためにどうすればいいのかネットで調べたところ、プロペシアとミノキシジルという素晴らしい薬を発見。
個人輸入代行業者にて、即購入!
最初はプロペシアのみだったのですが、簡単に言うと抜けるのを抑える薬で、現状維持のための守りの薬ということをネットで知り、発毛を促進する攻めの薬ミノキシジルにも手を出してみました。
ミノキシジルは経口摂取と塗るタイプがあるのですが、副作用が怖かったので、塗るタイプにしました。
プロペシアと塗りミノキシジルの併用を初めて1週間程度ですが、副作用も無く発毛の期待に胸を膨らませています(笑)
初期脱毛も無く、不安になることもないのですが、発毛のサイクルに働きかけるということを考えると初期脱毛が
あった方がいいなかなとは思いますが、一時的でもこれ以上進行すると精神衛生上良くないので、気長にフサフサになるのを待とうと思います。
副作用や効果については個人差が大きいと思いますが、悩んでいる方は、ぜひ試してみたください。